チュロッキーを食べた

ドーナツを食べました。チュロッキーというドーナツを食べました。すごく久しぶりに食べました。外側には砂糖がかかっていました。外側はカリカリしていました。そして、勉強をしました。戦国時代には、多くの都市が形成されました。交通の発達にともなって港町・宿場町がうまれ、寺社参詣の流行にともなって門前町やさらに寺内町が各地にうまれました。このうち寺内町は、浄土真宗の寺院や道場を中心にして囲んだ町で、摂津の石山(大坂)などがその代表例です。戦国大名は城下町を中心に領主経済をまとめるため、さらに地方市場を繁栄させるために多くの保護をあたえ、なかには座などの支配を認めず、自由に商業取引ができるように楽市令を出し、経済活動の拡大をねらったところもありました。都市では商工業の活動をめざましく、自治運営が見られるところも多かったそうです。日明貿易の基地として栄えた堺や博多はその代表例で堺では36人の会合衆、博多では12人の年行司の合議によって市政が運営されました。また、京都では町という生活共同体がうまれ、それを形づくる町衆によって自治的に運営されました。彼らは町法を定め、町の防衛にもあたりました。現在の京都の祇園祭は、町衆によって応仁の乱の後に復興されたものです。

応仁の乱の後に必要な京都で車を高く売る方法